百合子(ゆりこ)(24) T155 B93(G) W58 H88


事前情報として、店長から教えてもらったのは、“淫乱娘”だということ。これはしっかり話しを聞かねば…。自身が大好きだと言うク○ニ事情と共に、どういう女の子なのか? そして今回は“淫乱”というキーワードを、深く掘り下げてみました。


お店の方から淫乱娘だと紹介を受けたんだけど。
「うふふ。どういう事でしょうね〜。エ○チは嫌いじゃないよ、って事かなぁ」
それだけじゃないと思うんだけどな〜。
「なんだろう。そう聞かれると、答えが難しいですね〜。あんまり自分で自分の事を淫乱って言うのも恥ずかしいんですけど、何よりも、その瞬間のエ○チを楽しむって所は大切にしてますね。その延長線上に淫乱って言うのが、あるのかも」
ほう。
「エ○チを楽しむって言うのは、私が自己満足するっていう意味じゃなくて、お客さんとエ○チをしたり、会話をしたりする中で、お互いに楽しい時間を過ごせる空間を作る事なんです」
なるほど。そうしてると、どんどんとプレイがエスカレートして淫乱になるんだ。
「そうですね」
自分で淫乱だなぁって思った事はある?
「ク○ニを何時間もして貰ってる時かな」
あはは。何時間も!?
「うふふ。私、ク○ニされるのが大好きなんですよ。それで、ク○ニ好きのお客さんが来て下さった時は、何時間でもク○ニされてたいんです」
それは確かに淫乱だねぇ。
「もちろん、普通のプレイが希望のお客さんには、普通にプレイしますし、無理やり求めたりはしませんけど、そういう風に、ク○ニをいっぱいするのが趣味、って言う人とだったらって事でですよ」
うんうん。自分からはリクエストしないんだ?
「何回も来てくれるお客さんで、『何して欲しい?』って聞かれたら、ク○ニして欲しい…、って答えちゃいます」
ク○ニの良さは?
「何よりも気持ちいいからですね。クリを舐められる刺激が大好きなんです」
オナニーも大好き?
「はい。オナニーも大好きなんですけど、でも、それとク○ニはまた違う感覚ですね。ク○ニの感覚が大好き。男性の舌で、クリちゃんをいっぱい舐められたいんです」
舌の感覚が重要なんだ。
「そうなんです。気持ち良くてたまらないんです」
ク○ニされてイッちゃう?
「はい。何回でもイッちゃいます。1回イッちゃうと、その次がイキやすくなってるので、連続で何回もイッちゃいます」
回数で言うと、何回ぐらい?
「だいたい、5〜6回はイケますし、相性が良ければもっとイケますね」
イッた後、ダルくなったりしない?
「ダルくなるとか、疲れると言うより、軽くシビれてる感覚。その状態で、また攻められると、感度が増し来て、どんどん感じ方が増幅してくる感じ。何回もイッてると、脳がシビれて来るんです」
凄い感覚だね。くすぐったくならない?
「はい。全然ないです」
1回イカされるだけじゃ、物足りないぐらい?
「いえ。1回イッただけでも十分です。ただ、私にはまだまだその先があるって言うだけで、満足度で言うと、1回だけでも満足はしてます」
人によってク○ニは違う?
「そうですねぇ〜。バリエーションが全然違います。ソフトに早く動かす人もいれば、ずっとクリを吸い続ける人、舌で強く押し付けてくる人、クリを甘噛みする人、皮を剥く、剥かないで舐めるの違いとか。皆さん全然違います」
その中でも、百合子さんが好きなのは?
「何 でも好きなんですけど、1つ上げるとすれば、クリは剥かずに、イジリー岡田みたいに、舌を高速でペロペロペロってしてもらうのが好きです。動きは一定の強 さがいい。どんどん盛り上がって、激しくなるのもいいですけど、どちらかと言うと、ずっと一定な強さと速さでペロペロしてもらうと、快感が積もっていく感 じがして好きです」
クンニではなく、指で触られるのは?
「指だと微妙な感覚でしか感じないんですよ。ストライクゾーンが狭いと言うか、よっぽどの相性の方でないと、あんまり指では感じる事は無いんですよね。でも舌だと、ほとんどが気持ちいいんです」
指入れされるのはどう?
「指入れも気持ちいいですね。ナカを攻められても、たまにイッちゃいます。でも、ナカでイッちゃう時は、どうされたらイクかが自分でもあんまり分からないんですよね」
クリでイクのと、ナカでイクのとは違う?
「はい。全然違いますね。なので、贅沢を言うと、クリでイカせて貰って、ナカでもイカせて貰うと、全身ビリビリにシビれちゃうから、もっと敏感になっちゃいます。電気ショック受けちゃった後みたいになっちゃってるかも」
濡れやすい?
「どんなんだろ。他の人がどんな感じかは分からないですけど、どっちかって言うと、濡れにくい方なのかも。すっごい感じてるんだけど、みんなが言うほど、ビッチョビチョになったりはしないです。その代わり、たま〜に、潮噴いちゃうんです」
ほう。
「毎回出る訳じゃないんですけど、相性が良ければ、出る時はとてつもなく出ちゃうんです」
そんなに言うほど?
「噴き出しちゃってる〜! って感じ。1回噴いちゃうと、その後も何回も噴いちゃうんです。潮噴きで水分いっぱい出ちゃって、ちょっとカラダがしおれちゃうぐらい」
あはは。ちゃんと水分補給しないとだ。
「うふふ。そうなんです。それぐらい出ちゃう」
どうされると潮噴いちゃうの?
「どうされるかと言うより、男性の指自体の感触なんでしょうね。長い短い、太い細い、とかじゃなくて、その方の指の感触。だからアソコに指を入れて貰わないと分かんないんです。アソコのナカと男性の指がフィットするかどうか。指の動かし方もあんまり関係ないと思います」
クリと指入れ、同時攻めされたりは?
「どっちかだけがいいです。両方同時に攻められちゃうと、気持ちが散っちゃって、イケなくなっちゃうんです。どっちか一方に集中してイカせて欲しいです」
オチ○チンでもイク?
「イキますね。でも、オチ○チンも、ナカに入れてみないと、イクかどうか分かんないです。サイズとかじゃなくて、フィットするかどうかの感覚ですね」
指がフィットする男性は、同時にオチ○チンもフィットするのかな?
「それは別ですね。指入れだけ潮噴く時もあれば、オチ○チンだけの時もあるし、両方の時もあるし」
不思議だねぇ。
「そうですね。私も、どういう手の方、どういうオチ○チンの方にイカされて、潮噴かされてるのか気になって来ました。次がいつか分からないですけど、また潮噴いた時の事、ちょっと覚えておきますね」
あはは。その話聞くの楽しみにしてるわ。


挿○してからも、淫乱な部分ってある?
「そうですね。淫乱の字の如く、みだらに乱れるようなエ○チが好きです。お客さんにも、激しいね〜、って言われる事ありますね」
それは、どういう時に言われたの?
「騎○位の時ですかね。騎○位の時は、男性に気持ち良くなって貰う事はもちろんなんですけど、同時に私も気持ち良くなる様に、自分でアソコの当たり具合を調整して動くんです」
騎○位好きなんだ?
「そうですね。騎○位に限らず、どんな体位でも、せっかくだから、私も一緒に気持ち良くなって、盛り上がった方が楽しいじゃないですか。だから、騎○位でも、私もイッちゃったりしますね」
なるほど。
「後、騎○位してる時に、下から男性が、私の乳首触って来たりして、攻め返してくれたりすると、もっと気持ちも乗っかっちゃって、興奮しますね」
オチ○チンの突かれ方は?
「激しいのも優しいのも両方好きですね。しいて言うなら、奥の方が気持ちいいかも」
なるほど。
「後は、オチ○チン入れられながら、乳首触られるのが好きです。正○位でも、バ○クでも、何でもいいからオッパイと同時に攻めて貰えると気持ちいいです」
やっぱり、オッパイとアソコの2点が重要なんだね。
「そうですね。あと、正○位の時に足持ち上げられるのも好きです。両足閉じて伸ばして、男性の肩に足かけるような感じになって、オチ○チン突いてもらうと、奥のいい所に当たって、ナカが気持ちいいです」
足、閉じるのが好きなんだ。
「はい。それと、寝バ○クも好きかも。寝バ○クで足閉じて、アソコを締めた状態で、上から男性に突き刺すようにして貰うと気持ちいいです」
うんうん。なんとなく百合子さんの攻略法がわかって来た。
「基本的には幅広く、なんでもOKなんですけどね」


どっちかって言うと、攻められたい願望の方が強いのかな?
「そうかも知れないですね。攻め受けどっちでもOKでありながら、どっちかと言うと、受けの気質の方が強いと思います。全部お任せで、攻められまくるのも大好きですから」
どう攻められるのが好き?
「受けになるとしたら、最初はイチャイチャするのがいいですね。それで、その先の進展の仕方は、男性優位って言う雰囲気を出されながら、全部されるがまま、リードされっ放しがいいです。肉食的に攻めて来て欲しいです」
性感帯はどこ?
「基本的にはオッパイとアソコなんですけど、感じて来ると全身性感帯になりますね」
全身性感帯になるスイッチはどこ?
「1回イッてからですかね。それまでは、やっぱり、ワキとかはくすぐったいです」
その他は?
「耳周りとか、首筋あたりも少しくすぐったいかも。それが、1回イったりすると、すごく気持ちいいポイントに変わるんです」
なるほど。さっき言ってた、シビれてる状態だね。
「はい。そうなると、もう全身。ワキも耳も首も、足の指とかも全部気持ち良くなっちゃいます」
オッパイはどうされたい?
「舐められたいです。揉まれるのは、私のカラダが感じるというより、男性が喜んでる姿で嬉しくなっちゃいますね。あと、後ろから抱き着いてオッパイ揉まれると、安心感に包まれて、好きです。感じるには舐められるのが1番いいですね」
どう舐められたい?
「舌でペロペロされるのが好きです。とにかく、乳首を舌で舐められてる感触が大好きなんです」
オッパイの形、キレイだよね?
「お客さんにもよく言われますね」
プロフィールにも、アンダーバストが細いって書いてあるし。
「そうなんです。アンダーが細いから、オッパイに張りがあるように見えるんです。でも、自分としては、形や大きさよりも、柔らかさが自慢。このオッパイを触ったお客さん全員が『何なのコレ!? すっごい柔らかい!』って言って下さいますから」
へぇ〜。
「お尻も同じ様に言われるんです。『こんなに柔らかいのに、垂れてないのがすごい!』って。この前も、撮影の時にカメラマンさんにビックリされました」
そうなると、カラダ全身柔らかいのかな?
「そうみたいですね。抱き心地がいいって喜ばれます」
じゃあ、オッパイとお尻、そしてカラダ全体の感触は、ぜひものだね。
「はい、堪能して頂きたいです」
それで、アソコの攻められ方は、ク○ニがご希望だもんね。
「そうですね。ク○ニがイヤでなければ、いっぱいして欲しいです」


いつからそんなク○ニ好きになったの?
「それは大人になってから。この業界入ってからですよ。そもそも、ク○ニして貰ったり、イッたりする事を覚えるの、遅かった方だと思います」
それまでにエ○チの経験は?
「それはありました。でも、ク○ニされないし、イク事もなくて、普通にエ○チするだけみたいな」
じゃあ、ここでイク事を教わったんだ。
「そうなんです。ある時、年配のお客さんが私の所に来てくれて、エ○チする前に、私がイッた事ないって話ししてたら、『イカせてあげる』って言われてイカされたんです」
へぇ〜。予告されたんだ。
「はい。その時イカされたのが、ク○ニでしたね」
なるほど。それでク○ニが大好きになったのかな。
「そうですね。それでその後、そのお客さんが『キミ、潮も噴けるよ』って言って来たんです。わたし、イク事すら出来なかったのに、まさか潮なんて噴ける訳ないと思ってたら、それからその方が3回通ってくれて、3回目に潮噴かされちゃったんです」
すごいお客さんだ。
「そのお客さんは、イッた事ない子をイカすのが好きみたいで、私がイケるようになったら、また別の女の子の元へ旅立って行きましたね」
あはは。カッコイイ〜。何、その人!? 神様なの!?
「うふふ。それで、それ以降はイク感覚が分かるようになって、誰とエ○チしても、イケるようになったんです」
おもしろいね〜。開発されたんだねぇ。
「はい。それまでは、イケる気配なんて、全くなかったですからね。その男性に感謝です。その方が居なければ、今の私はまだイッたりする事を知らなかったと思います」
1回イッた後、何か、頭の中で気持ちの切り替えみたいなのがあった?
「どうなんだろう? イクというゴールを知ったから、自然と頭の中で、そこに向かうように操作出来てるのかな。具体的にコレというのは特にはないんですよね」
その頃は、オナニーではイッてた?
「はい。オナニーでイッてました。でも、オナニーでイク感覚と、男性に攻められてイク感覚とは別物でしたね」
へぇ〜。
「おもしろいですよね」


続いて、攻めの話だけど。
「はい」
攻めの喜びは何?
「それはやっぱり、男性が感じてる姿を見るのが1番ですね。なので、男性の反応が良ければ、私も燃えてきます」
どんなリアクションされるのが好き?
「重要なのは声ですね。喘ぎ声上げて欲しい。男性って、やっぱり喘ぎ声上げるのが恥ずかしいと思うんですけど、ここではぜひ、恥ずかしがらずにさらけ出して欲しいです。ここではプライベートではなく、非日常として、楽しんで貰いたいですから」
リアクションしやすい雰囲気作りとかしてる?
「はい。言葉攻めをする訳じゃないんですけど、プレイの最中にも、どう? 気持ちいい? って声をかける様にしてますね。そうすると、自然と会話をしたり、声を出すやりとりが生まれてくるので、それに混じって、喘ぎ声も出ちゃって来るみたいな」
質問してあげるんだ。
「そうですね。いろんな所触りながら、ここ、どうして欲しい? どうすれば気持ちいい? って、話しかけます」
それで、みんなの反応は?
「最初は会話をする所から慣れてきて、性癖をリクエストしてくれる様になりますね。『乳首を噛んで欲しい』とか、『もっと強くして欲しい』とか。それに私も答えてると、どんどん喘いじゃう、みたいな」
いいねぇ。どんどん先に繋がって行くんだ。
「そうすると、私も楽しくなって来て、感じるようになってくるし、相乗効果でどんどん盛り上がって行っちゃいます」
百合子さんの、好きな攻め方ってある?
「乳首舐めまくるのが好きですね。触るより、舐めるほうが気持ちいいと思うし、自分もされて、舐められる方が気持ちいいので、私もそうしてます。甘噛みしながら、舌で転がす、って言うのもしますね。それしながら、目線は男性の顔を見るんです」
反応を確かめてる?
「はい。それで、恥ずかしがってる顔を見るのが好きです」
フ○ラの時も見る?
「フ○ラの時も、オチ○チン咥えながら男性の顔見てますね」
見るの好きだねぇ。
「うふふ。あ、でも、逆に私が攻められてる時に、見られるのは恥ずかしくて苦手ですね。攻める時は、堂々と見れるんですけどね」
ク○ニされてる時に、こっち見て、って言われたら?
「チラッと見て、すぐにまた目を背けちゃう」
その恥ずかしさが、百合子さんは興奮する材料には、ならない?
「う〜ん。どうだろう。今の所、興奮はしないかなぁ。恥ずかしいって感情だけっぽいですね。不思議。攻める時は男性を見ると興奮するんだけどなぁ」
フ○ラはどんなフ○ラしてくれるの?
「スローなフ○ラ。あと、手コキも評判が良くて、魔法の手、って呼ばれた事もあります」
へぇ〜。これは期待。
「だいたい、手コキって、手抜きされてるみたいとか、早くイカそうとしてるんじゃないかとか思われがちだと思うんですけど、そうじゃなくて、私に手コキされた人は、『手コキが全然イヤじゃない。むしろ、手でもっとして欲しい』って言って下さる方が多いんです」
特別な手の動きしてるの?
「お 店入りたての頃に、結構研究したんです。どうすれば男性が気持ち良く感じるんだろうって。言葉で表現するの難しいんだけど、上下だけの手コキじゃなくて、 指全部使っていろんな動きするような感じです。強さはソフトに。決して、手でイカせようと思ったりはせず、ただただ、気持ち良さそうな反応をしてる所を 探って、そこに目がけて、いろんな手の動きをするんです」
お口の方は?
「も ちろん、手コキしてから、お口でもオチ○チンを気持ち良くしますよ。手でしてから、お口でと、順番に攻めるんです。お口では、強弱つけた動きでフ○ラしま すけど、基本的にはソフトでゆっくり。これも、私自身がソフトにされると気持ちいいから、それと同じように男性にも感じて貰えるように心掛けてます」
うんうん。
「お口でフ○ラしてる時は、手は乳首触ってますね。手はずっと、休ませませんよ。逆に、手コキしてる時は、乳首舐めてますね。それしながら、顔を見続ける」
エロいねぇ。
「うふふ。男性はやっぱり、見られてると興奮しちゃいますよね。とにかく攻めになる時は、こんな感じでサービスしながらどんどん攻めちゃいますね」


いろいろ話をしてみて、あらためて“淫乱”と言う考えに何か変化はあった?
「なんとなく、私の心と、相手の心とでエ○チをするまで行くと、淫乱さが増すのかなと。フ○ラしてる時に顔を見たりして、恥ずかしく思わせたりとか、そういう心でのプレイって事なのかな。後は、以前した事があるんですけど、オナニーの見せ合いとか」
淫乱だねぇ。
「オナニーの見せ合いって、興奮しますよね?」
興奮するね。オナニーは、イク所まで見せてくれる?
「はい。恥ずかしいけど、見せて興奮しちゃいますね」
見られてるのと、1人でするのとはやっぱり違う?
「そうですね。見られてるっていう刺激はかなり大きいですね。1人でするオナニーは、寝る前に、気持ち良く寝る為にするみたいな目的が多いんですけど、見せるオナニーは、性的な興奮が目的になって来るので」
それでも、ク○ニされてる時に、男性に見られるのは恥ずかしくてダメなんだ?
「うふふ。そうですね。これは何故か、恥ずかしいって感情になっちゃうんですよね。ク○ニしてくれてるっていう喜びはすごい大きくあるんですけどね」
じゃあ、鏡の前で、立ちバ○クしてお互いの顔を見合わせるのは?
「恥ずかしい。でも、気持ちよくてイッちゃうと思うから、それは興奮しちゃってるんだと思う」
徐々にボーダーラインが見えて来たね。
「そ うですね。私、恥ずかしいって感情が、私の淫乱さというポイントになってるのかも。それは攻める時も、受けるときも両方。恥ずかしいと思う事を追求する事 で、さらに今の私の淫乱さが大きくなって、溢れちゃうんだと思います。イヤイヤと言いながら、もっと欲しくなっちゃうタイプなんですよね」
うんうん。
「ちょっと、これからもまだまだ淫乱さに磨きをかけたくなって来ましたね。いろんな興奮を、もっといっぱいしてみたいです」


お客さんにメッセージを。
「一緒にエ○チを楽しみましょう。一緒にいて、楽しい時間を過ごせたと思って貰えるよう頑張りますからね、ぜひ1度、遊びに来て下さい。それと、ク○ニ好きの人も大募集です。うふふ」


[取材後記]
3 度の飯よりク○ニが好き。そんな内容から“淫乱さ”と言うモノを深く掘り下げたインタビューとなりました。そして、“百合子さんの興奮度”というモノが、 プレイ全体をさらに濃密にさせるんだと感じましたね。百合子さんをイカせまくって、ビリビリにシビれさせちゃった後の挿○は、オチ○チンもシビれちゃうん でしょうねぇ。快感と言うのはリンクしますから。百合子さんとエ○チして、オチ○チンも感電! なぁ〜んていうのはいかがでしょうか。[ビリケン]
百合子(ゆりこ)